お客様の声

見てよし。使って良し。zestさんのフライパン。とにかくオシャレで料理が嫌いな私でもこのフライパンなら使いたいと思いました。特に良いなあと思うのは取って。とても手に馴染んで扱いやすいのです。取っても色々あるみたいですが、私のは中央が空洞になっていて両側に模様が入っています。そして出来た料理はそのままドーンと食卓へ。大皿感覚で使っています。そのくらいオシャレなんです。そしていつも美味しい。

from ZEST みつ子さま|ありがとうございます。オシャレって言っていただけてとっても嬉しいです(^^)取っての模様は鍛鉄技法によるものです。ドーンと出しちゃってください!

 


 

鉄のフライパンを欲しくなったのは栗原はるみさんの息子さんの栗原心平さんがとてもほめていたので、デパートに見に行きました。が、ピンとくるものがなく、そのうち、と思っていました。

そのうち925さんからzestさんのブログを教えてもらったのだとおもいます。門扉は我が家とは縁が無いなーと思っていました。が、フライパンが登場した時に、美味しく出来そう!欲しい!と思いました。毎朝、目玉焼きを食べてます。おいしい!

昔、暮しの手帖に出ていたことを覚えている料理、大根のステーキ。高さ10センチ位の皮をむいた大根を1時間くらいかけてチリチリ焼くの。適当にコロコロ、ものすごく弱火で。何かをしながら5分ごとタイマーをかけて、ひっくり返す。本当においしかった。暮しの手帖でも鉄板で焼いていたと記憶しています。卵やソーセージもおいしいけど、鮭の皮がおいしい。あ、新玉ねぎもおいしいです。10丁もらって刺し身で食べきれなかった刺身コンニャク味噌炒めも罰が当たりそうなくらいおいしい。

わたしは銅の卵焼き器を40年使っているので道具は好きだし、こだわるし、大事にするし、使いまくります。

鉄のフライパンは貧血にならない、ということはありますか?

from ZEST 川村真理子さま|ありがとうございます。わたしは貧血気味なのですが…健康診断受けて確認しないとですね(^^;) パリッと焼けた鮭の皮サイコーですよね。

 


 

見るからにとってもステキで、あるだけで “できるヒトのキッチン” になると思って、いつかうちにも迎えいれたいと思っていた鉄のフライパン。もっと手間のかかるものかと思っていたけど、簡単でありがた~い! 一度使うとそればかり。餃子も。卵焼きも。ホットケーキも♡ どれも3割増でおいしくなります。3割どころか、5割…いや、それ以上かも!笑

from ZEST YUKIさま|ありがとうございます。おっしゃる通り、お手入れ簡単なんですよね(^^)

 


 

ホンモノは最初とっつきにくい存在で

ソロソロと近づき

徐々にコツを掴めば離れがたい。

自分より長生きする道具[鉄フライパン]

from ZEST 925さま|ありがとうございます。相棒となったフライパンと末永くおいしくお付き合いください(^^)

 


 

私はあるイベントに行ったのがきっかけでゼストさんと出会いました。ゼストさんのブースには鉄でつくられた様々なカッコイイ作品が並んでいましたが、料理好きの私が一番魅かれたのが「鉄のフライパン」でした。

すげー・・・超カッコイイな・・・こんなの使って料理したら楽しいだろうな・・・見ているだけで想像が膨らみニヤニヤしていました。ただその時は、ちょっと高級なブランドのテフロン加工フライパンを使っていたので、欲しいけどまだいいかな・・・と思い購入には至りませんでした。しかし、家に帰ってからもずっと気になっていたので、ネットで「鉄のフライパン」を検索したところ、いくつものフライパンの画像が出てきたのですが、やはりさっき見たような「カッコイイ鉄のフライパン」がなかったので、もし次のフライパンを買うのなら絶対にゼストさんにお願いしようと思っていました。

それから数ヶ月ほど経ったある日、愛用していたフライパンの表面に傷がついていることに気づきました。かなり気を付けて使っていたのですが、おそらく洗う時にフォークか何かを誤ってぶつけてしまったのでしょう。こうなると料理をするたびにそこが焦げ付くようになり、コーティングもどんどん剥がれていってしまうのがデリケートなテフロン加工フライパンの弱点です。これを機にゼストさんに鉄のフライパンをつくっていただく事にしました。大きさ、厚さ、柄の長さ、デザインなど細かく注文させていただき、数日後に完成の連絡を受け、ついにご対面。「美しい物」「カッコイイ物」って持っているだけ、眺めているだけでも満足感がありますよね。オシャレな柄、槌で無数に打ち込まれた模様、良い感じの重厚感、もうサイコーです。

さて、ここからは私が実際に使った感想です。購入前にネットで鉄のフライパンについて調べた時、デメリットも色々とあるように言われていて正直なところ少し心配もありました。しかし現在、数ヶ月ほど使い続けていますが、もうメリットしかありません! まず、鉄のフライパンは高火力での調理ができるので、ステーキは美しい焼き色が付きジューシーに仕上がるし、野菜炒めも水っぽくなってしまうことがなくシャキシャキに炒められます。それと、焚き火や炭火でも大丈夫なので、バーベキューをするときなんか大活躍です。我が家はバーベキューが大好きで多い時は週に3回くらいのペースでやっていますが、フライパンは大型の鉄板と違い後片付けが楽だし、鉄製のものはとにかく丈夫なので傷を気にすることなくコンクリートの上にドンと置いちゃったり、焼きそばを作るときなんかも金属製のヘラでガンガンいけます。あと揚げ物ができるのも鉄のフライパンの強みですね。唐揚げ・天ぷら・フライドポテトなどバーベキューでのレパートリーが増えました。焚き火でアヒージョをつまみながらビールを飲んでいるときはとても幸せを感じられます。

お手入れに関しても、使った後はすぐに洗って火にかけて乾かして油を塗るなど、とにかく手入れが面倒臭いという意見もありましたが、実際は思っていたよりもずっと簡単で、とくに面倒には感じませんでした。むしろ、何度も使って手入れをしてと使い込んでいく程に、色艶が深みを増してカッコ良くなるので、「育てる楽しみ」というか、すごく愛着が出てきて、そういったところも楽しみのひとつであると思います。

from ZEST 並木さま|ありがとうございます。ZESTがお伝えしたいことが全てここに書かれております(^^)とても嬉しいです。