Q&A

 

?

フライパンについてのよくある質問にお応えします。

 

 

Q1. 鉄フライパンのメリットとデメリットは?

Q2. 錆が出てきたらどうしたらいい?

Q3. 具材がフライパンにくっつきやすいのはなぜ?

Q4. IHコンロは使える?

Q5. キズはつきやすい?

Q6. 食洗機は使える?

Q7. 持つ部分は熱くならないの?

Q8. 使ってはいけない調理器具はある?
 (プラスチック製、シリコン製がダメとか…)

Q9. 鉄フライパンも市販の蓋を使える?

Q10. 鍋敷は使っていいの?

Q11. 取っ手の取り外しができる鉄フライパンはある?

Q12. フライパンの寿命はある?

Q13. 長持ちさせるコツは?

Q14. 使用上で特に気をつけることは?

 

 

Q1. 鉄フライパンのメリットとデメリットは?

A. メリット:具材の美味しさが引き立ちます。スクランブルエッグはふわふわ。目玉焼きの白味の縁はカリカリッ。鶏肉や魚の皮はパリパリッ、中はジューシー。野菜はシャキシャキ。抜群に美味しくなります。 デメリット:油の消費量が増えます。


Q2. 錆が出てきたらどうしたらいい?

A. 食器用クレンザーや金属たわしで錆を磨き落として水洗いし、その部分が青みかかるまで火にかけて油を塗ってください。


Q3. 具材がフライパンにくっつきやすいのはなぜ?

A. 原因は予熱不足、油のなじみ不足、火が強すぎるなどがあります。テフロンフライパンなどはテフロン(フッ素樹脂)加工がはがれることがあるので空焚き・強火はNGですが、鉄のフライパンは使いはじめの予熱は白い煙が立ってから一呼吸おいて、全体になじむ量の油を入れてください(*油返しhttps://furaipan-osusume.com/するのが1番良い)。火加減については、コーティングされたフライパンより熱の伝わりが良いので少し弱めにしてください。


Q4. IHコンロは使える?

A. 使えます。


Q5. キズはつきやすい?

A. つきにくいです。金属製のヘラや金たわしを使用しても大丈夫です。


Q6. 食洗機は使える?

A. 使えますが、洗浄後はすぐに水気をとってください。


Q7. 持つ部分は熱くならないの?

A. 一体型のものは熱が伝わりやすいので少し熱くなります。リベット留めされている取っ手は熱くなりにくいです。


Q8. 使ってはいけない調理器具はある?
(プラスチック製、シリコン製がダメとか…)

A. 特にありません。


Q9. 鉄フライパンも市販の蓋を使える?

A. 使えます。


Q10. 鍋敷は使っていいの?

A. OKです。熱々でしたら厚めの鍋敷がよいと思います。


Q11. 取っ手の取り外しができる鉄フライパンはある?

A. 作れます。


Q12. フライパンの寿命はある?

A. 正しく使えば一生ものです。


Q13. 長持ちさせるコツは?

A. 錆びさせないことです。


Q14. 使用上で特に気をつけることは?

A. ● 洗った後はすぐに火にかけ水気を十分に飛ばしてください。使いこむほど内側は油の膜ができて使用後に油を塗る必要は少なくなってきますが、意外とないがしろにしがちな底の裏側にも塗ることをお勧めします。(コンロと擦れた傷から錆びやすい)● 熱くなった状態に冷水をかけると歪みの原因になりますので避けてください。● トマトを使った料理などクエン酸のある食材で調理すると、化学反応で鉄の酸化膜が剥がれてしまうので避けた方が良い。(健康に問題はありませんし、剥がれても修復できます)