ロートアイアン

ことのはじまり

「俺、鉄の道に進みたい」

サラリーマンだった夫がいきなりの告白。
しかも出張先から電話で。

え? なに言ってんの?
鍛鉄? なにそれ?

詳しくは帰ってきてから聞くよ。
ということで 帰宅した夫と話し合い。

今の仕事を辞めて 数年間 鍛鉄の修業をしたい。

つまりは 今の安定した生活を捨てるということ。
ともだちがいるこの地を離れて
見知らぬ土地へ移住するということ。
未来には何の保証もない。
どうなるのかすら分からない。

初めはマイナス要素ばかり考えてた。
『絶対ヤダ』って思ってた。

それでも そのよく分からない(聞いたこともない)鍛鉄への道に
進もうと踏み切れたのは…
“夫への信頼” なのかなぁ と今は思う。
修業期間が濃過ぎて その頃の記憶が薄れてる。

人生楽しもう!
そう切り替えて 暮らしていくことに決めたのです。

コメントはこちら