アラサー妻の覚悟

前回のブログの最後の文章。
続きが気になりますよね。

 

でもその前に。

 

わたくし西洋鍛冶師の妻と
ふたりの息子たちのプロフィールも
書いちゃいましょ。

 

 

鍛鉄工房ZEST消しゴムはんこ naoはんko

 

Ai(妻)

■ 横浜育ち
  バイク・旅・買い物大好き
  好きなお酒:泡盛・スコッチ

■ 最終学歴
  某デザイン専門学校
  エディトリアルデザイン科卒

■ 職歴
  KINDS ART ASSOCIATES(8年)
  長男妊娠を機に退職
  その後フリーで
  エディトリアルデザイナーとして
  今に至ります

■ ZEST
  HP・写真・ブログ
  名刺やリーフレットなど
  紙物のデザインを担当

 

 

Joy(長男)6年生

■ 横浜生まれ
  頼りになる兄

■ 特技
  絵・工作・ギター
  鉄棒・短距離走

 

 

Ruy(次男)2年生

■ 秩父生まれ
  かわいい弟

■ 特技
  絵・工作・ギター
  人付き合い

 

 

基本いつでもどこでも4人一緒。
みんな黒い服が好きなので
黒集団になることも。
洗濯物も黒ばかり。

 

ふたりの息子たちは
お父さんの影響を大きく受けていて
毎日ギターを弾いたり
イベントのときは準備や後片付けを
率先して手伝ってくれたり
料理も好きだったりして
とにかく頼もしい男たち。
時にはお父さんより頼りになる(笑 。
わたしの大切な男たちは
みんなカッコいい!
ん? 褒めすぎ?

 

 

 

予想外の人生

 

夫との出会いはバイク。
わたしはShadowに乗っていて
夫はSteedに乗っていて。
あー 懐かしい

 

アメリカンバイク

 

それで付き合うようになって
8年後に結婚して
2年後に長男が生まれて
その2年後に脱サラ宣告された。

 

 

いきなりの脱サラ宣告

 

出張先からの電話で
いきなり告げられる身にも
なってくれ。

 

本当にやりたいことが見つかった。

鍛鉄の道に進みたい。

秩父にその道のすごい人がいるから
弟子入りして修行したい。

 

って。
え? 何? なんて言った?
鍛鉄って何?
秩父ってどこ? 何県?
引っ越すってこと?
今の仕事辞めて?

 

もぅ頭の中はだらけ。

 

当時のことは
鮮明には覚えてないけど
一発OKはさすがに出してない。
出張から帰ってきてから話そう
ってなった気がする。

 

 

脱サラを承諾した理由

 

安定した生活。
2歳の息子。
ともだちが周りにいる環境。
やっと慣れた街。

 

それらを捨てて
未知の世界へ飛び込むのか。
成功する保証はなにもない。
失敗したらどうするんだ。

 

あのとき
わたしは何でOKしたのか。
もぅ9年前のことなんて忘れちゃった。
ただでさえ忘れやすい奴!
夫の人生。反対なんて出来ない。
その気持ちはよく覚えてる。

 

あの頃の夫は
無鉄砲で勢い有り余ってて
自分はなんだって出来る!って思ってて
ただのバカ
とにかくほんと若かった。

 

でもこの人とならなんとかなる。
なんとかしてくれる。
いい方向へ導いてくれる。
そういう妙な確信があったので
それでOKしたんだと思う。
結婚を決めたのも同じ理由だわ。

 

それで夫はわたしの次に
お互いの両親を説得。
(そりゃいろいろありました)

勤めていた会社から承諾を得る。

「弟子にしてください!!!」
PAGE ONEに押しかける。
順番違うんじゃないかな〜
「君には無理だ」と突っぱねられるも
聞く耳持たず何度もアタック。
ただのバカ
師匠も折れて晴れて弟子入り。

 

さぁ。
どうなることやら…

 

続きます

コメントはこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください